「葉酸って妊娠する前から飲まなきゃいけないの?」

葉酸は、厚生労働省が妊娠初期の女性に摂取を推奨している成分ですよね。葉酸を摂取すると、胎児が「神経管閉鎖障害」になるリスクを低減する効果が期待できるからです。

この葉酸の摂取は、妊娠をする前の妊活中から飲んだほうがいいのでしょうか。また葉酸は妊娠することにも効果があるのでしょうか。

先輩ママの体験談から、妊活中にどのメーカーの葉酸を飲んでいたか、いつから飲んでいたかなどについて見ていきましょう。

葉酸は妊娠前から飲まなきゃダメ?

葉酸はいつから飲めばいいの?

妊娠が判明してから、慌てて葉酸を飲み始める方は結構多いと思います。

しかし葉酸は、妊娠をする前から毎日摂取したほうがいいと考えられています。

葉酸には、胎児が「神経管閉鎖障害」になるリスクを低減する効果があるのですが、妊娠が判明してから飲み始めたのでは、葉酸の効果をきちんと得るにはちょっと遅すぎるのです。

厚生労働省では、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間に葉酸を摂取することを推奨しています。

妊娠1か月以上前をピンポイントできちんと知ることは正直難しいですよね。

そうすると、妊活を考えた時からきちんと葉酸を摂取することが必要があるということです。

妊活中の方はもちろんですが、妊娠の可能性がある方は、赤ちゃんの先天症のリスクを下げるために、妊娠前の早い時期から葉酸を摂取しておくことをお勧めします。


 

葉酸はどの商品を選べばいいの?

1日の葉酸摂取量は?

厚生労働省が推奨している葉酸の摂取量は、1日0.4mg(400ug)となっています。

この葉酸の量を毎日の食事から摂取することは、難しいというよりも正直無理です。

厚生労働省も、食事以外の栄養補助食品(サプリメント)から葉酸を摂取することを推奨していますね。

ではどんな葉酸サプリメントを選べばいいのでしょうか。

「食事性葉酸」と「合成葉酸」どちらを選ぶ?

葉酸サプリメントには大きく分けて2種類があります。

  • 食事性葉酸(天然葉酸・folate)
  • モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸・folic acid)

天然と合成の2文字を比べると、天然のほうを選びたくなってしまいますよね。

天然葉酸と合成葉酸のどちらを摂取したほうがいいのかは、議論のあるところです。

それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

天然葉酸サプリのメリットとデメリット

天然葉酸のメリット

天然葉酸のメリットは、なんとなく安心して飲めるということです。

やはり「天然」という文字には安心感を感じてしまいます。

もし「合成」という文字に不安を感じるのなら、天然葉酸を選ぶといいのかもしれません。

天然葉酸のデメリット

天然葉酸のデメリットは、吸収率が悪いということです。

天然葉酸の体内吸収率(利用効率)は50%程度なので、1日の推奨量0.4mg(400ug)を満たすにはかなり多めに摂取する必要でてきてしまいます。

また厚生労働省が摂取を推奨している葉酸サプリは、実は天然の葉酸ではなく、英語で言う「folic acid」いわゆる合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)の方となっています。

疫学的な調査で効果が認められているのは天然葉酸ではなく、合成葉酸なのですね。

まあ天然葉酸も効果がないというわけではなく、効果があると推定されていますが、現時点で疫学的な効果が認められているのは合成葉酸のほうなのですね。

合成葉酸サプリのメリットとデメリット

合成葉酸のメリット

合成葉酸のメリットはその吸収率(利用効率)の高さです。

天然葉酸の50%に比べ、合成葉酸は85%程度の吸収率があります。

また疫学的な効果が認められているというのもメリットですよね

合成葉酸のデメリット

合成葉酸のデメリットは、やはり「合成」という点への不安ですね。

現在販売されている多くの葉酸サプリメントは、合成のモノグルタミン酸型葉酸です。

そう考えると実際に多くの方が利用しているので、それほど合成に不安を感じる必要はないのかもしれませんね。

この辺りは葉酸を摂取するプレママの考え方によるのではないでしょうか。

葉酸を飲むと妊娠しやすくなる?

葉酸を摂取すると妊娠しやすくなるという噂があります。

確かに葉酸は女性に不足しがちなビタミンB群の一つなので、摂取することは非常にいいことです。

しかし現在のところ、葉酸の摂取と妊娠のしやすさの関連が認められた研究結果はありません。

ただ妊活中に葉酸を毎日摂取することは、赤ちゃんの先天症のリスクを低減してくれます。

妊活中から葉酸を摂取することは、プラスなことはあってもマイナスなことはないと言えるでしょうね。

先輩ママの体験談とアドバイス

ママ

妊活を始めた時、妊娠した3ヶ月前から飲んでいました

昨年出産した30歳主婦です。
私が妊活中に飲んでいた葉酸サプリは、タンポポコーヒー葉酸プラスです。
妊娠前から葉酸を摂取していると、妊娠中の悪阻が楽になると先輩ママから聞いていたので、妊活を始めた時、妊娠した3ヶ月前から飲んでいました。
葉酸を摂取しいたお陰かは分かりませんが妊活を開始して3ヶ月後には見事妊娠しました。
また、悪阻も軽く楽しいマタニティライフを送ることができました。
ネットや雑誌などには色々な妊活情報があって、どれを信じればいいか悩むと思いますが、自分にあった方法はきっと見つかると思います。
なので悩まずに周りに相談したり、色んな方法を試していくのも一つの手だと私は思います。
(山口県M.M)

妊活を始めた28歳から妊娠に至る30歳まで毎日飲んでいました

「ベルタの葉酸サプリ」を、妊活を始めた28歳から妊娠に至る30歳まで毎日飲んでいました。
妊活中は、先が見えず悶々とした日々が続き本当に苦しかったです。
何が必要なのかな?と調べた結果、食べ物からの摂取が難しい葉酸を、サプリメントで簡単に補えるという点が、あれもこれも食べなきゃ!!という気持ちから救われたと思います。
結婚した時は23歳でだったので「30歳くらいには子供が欲しいな~」と簡単に考えていました。
その後夫婦2人で仕事や遊びに充実した日々を過ごし、ふと気づけば29歳。
気づいた時は「あれ?おかしいな」という軽い気持ちでしたが、周りの出産ラッシュから急に焦りが出て急いで不妊外来へ。
タイミング→人工授精→体外受精→妊娠まで、結局2年間を費やしました。
不妊外来に行くか行かないかで悩んでいる方は、1年間に12回しかない貴重な排卵日を逃さないために、1日でも早い受診をオススメします。
(東京都 S.S)

ピジョンが発売している葉酸タブレットを飲んでいました

妊活の為に私が飲んでいた葉酸サプリはピジョンが発売している葉酸タブレットと、同じくピジョンが発売している葉酸、鉄分、カルシウム、7種のビタミンが取れるサプリでした。
妊娠をしたいと思ってから約1年半、そのタブレットとサプリを交互に摂っていました。
気をつけていたことは睡眠、3食の食事、運動と規則正しい生活を心がけていました。
お魚もなるべく青魚を選んで食べ、好きな紅茶はノンカフェインのものを選びました。
本当に赤ちゃんが授かれるか、その赤ちゃんが五体満足、健康で生まれてきてくれるか母として不安になると思います。
まずはお母さんの体調を整え規則正しい生活をすることが、赤ちゃんの命に繋がることだと思います。
葉酸サプリを摂って目に見えて実感することは少ないですが、健康に産まれ育っていく我が子を見ると葉酸を摂ってよかったのかなと思います。
(埼玉県 M)

妊活中に飲んでいた葉酸は、DHCの葉酸でした

妊活中に飲んでいた葉酸は、DHCの葉酸でした。
ネットで調べると、葉酸が良いとどこでも書いてあるのでとりあえず飲んでみようという事で、ドラッグストアで簡単に手に入るこの商品にしました。
その時、私は25歳で妊娠してからも半年ほどは飲んでいました。
つい忘れてしまったりして、気が付いた時に飲むというスタンスでいました。
「飲まなきゃ」って思うとつらくなるので、軽い気持ちでいたほうがいいと思います。
私は結婚してからも仕事をしていて、立場的にまだすぐに妊娠してしまうと迷惑がかかったりするという事もあり、結婚後2年くらい経ってから妊活を始めました。
なかなか、思うようには行かない日々が続きました。
欲しいと思うとどんどん遠くに行ってしまう感じがして、会いたいのに会えない赤ちゃん。
毎月生理が来るとなんか悲しくなりました。
主人にもあんまり考えると良くないよと言われて、お互い健康体なのできっといつか来てくれると思って、考えないように過ごしていました。
なかなか考えないってことが難しくて、何度もフライング検査しました。
悲しくなるのはわかってるけど、でももしかしたらって何度思ったことか。
でも、ほんとに気持ちが次第なのか、私はもう2人の人生でもいいやって開き直っていた矢先に妊娠。
何年も妊活をしている方だと本当にお辛いだろうし、2年の妊活を妊活と呼ぶのかも呼んでいいのかもわかりませんが、頑張りすぎないで、旦那さんとの時間を大切に過ごしていたらきっと来てくれるはずです。
みんなが幸せになれますように。

妊娠を意識した頃から飲んでいました

私は、妊活中にネイチャーメイドの葉酸サプリを飲んでいました。
妊娠初期に葉酸が不足すると、障害が出る確率が上がるというのを友達から聞いていたので、妊娠を意識した頃から飲んでいました。
毎日忘れないように気をつけていました。
葉酸は、妊娠初期に特に必要です。
妊娠に気づいた時にはすでに妊娠5週くらいであることが多いので、それから飲み始めても遅いと聞きました。
ですので、妊娠を考え始めたらサプリメントで補うことが大切だと思います。
葉酸は、普段の食事たけでは不足しがちですからね。
兵庫県 H.Y

まとめ

葉酸は、胎児が「神経管閉鎖障害」になるリスクを低減する効果があると厚労省でも認められている成分です。

厚生労働省では、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間に葉酸を摂取することを推奨しています。

厚労省が推奨する1日0.4mg(400ug)の葉酸を摂取するには食品からでは難しいので、栄養補助食品(サプリメント)からの摂取が推奨されていますね。

葉酸サプリは、天然のサプリと合成のサプリがあるのですが、「神経管閉鎖障害」になるリスクを低減する効果があると疫学的に判明しているは合成の葉酸サプリです。

合成と聞くと不安を感じる方も多いと思いますが、実際多くの方が利用して特に問題は起こっていないので、合成の葉酸サプリをそれほど心配する必要はないのではないでしょうか。

妊活中からきちんと葉酸サプリを摂取して、赤ちゃんの先天症のリスクを低くしてくださいね。