「赤ちゃんのおへそがものすごいでべそなんだけど、自然に治るの?」

赤ちゃんのおへそがでべそになってしまうことは、実はそれほど珍しいことではありません。

新生児の5人~10人に一人がでべそだそうなので、よくあることといっても過言ではないですね。

しかしながら赤ちゃんがでべそだといつ治るのか?自然に治るのかなど心配になってしまいます。

先輩ママたちは赤ちゃんのでべそにどのように対処してきたのでしょうか。

でべそは自然に治るの?

でべそには、「臍ヘルニア」と「臍突出症(へそとっしゅつしょう)」の2種類があります。

「臍ヘルニア」は腸がおへそから外側に飛び出している状態で、「臍突出症」は腸ではなく皮膚だけが飛び出している状態となっています。

よく5ミリ程度おへそが出ているでべそを心配するお母さんがいますが、「臍ヘルニア」だとピンポン玉ほどの大きさのでべそになることもあります。

赤ちゃんが力んだりすることで、でたりへっこんだりするのが「臍ヘルニア」の特徴にもなりますね。

「臍ヘルニア」はそのまま治療をしなくても、1歳になるころには90%が自然治癒するのですが、もし自然治癒しない場合は外科的な手術が基本的には必要となります。

また「臍ヘルニア」が自然治癒して腸が飛び出すことがなくなったとしても、皮膚だけが飛び出してしまう「臍突出症」となってしまうことがあります。

基本的に「臍ヘルニア」のでべそは自然治癒するのですが、「臍ヘルニア」の自然治癒を待っていると皮膚が伸びてしまい、その結果「臍突出症」のでべそが残ってしまう可能性があるということです。

これはちょっと困ってしまいますよね。

そこで最近では、積極的に「臍ヘルニア」を治療する方法として「絆創膏固定」を実施する医師も増えてきているようです。

もしできるだけはやく「臍ヘルニア」を治したいのなら、「絆創膏固定」を積極的に実施する医師を探してみるといいのではないでしょうか。

臍ヘルニアの絆創膏固定とは

昔はでべそに10円玉を貼っておくと治るとよく言われていました。

しかしこれは衛生面や安全面でもよくない方法なので実施しないでください。

臍ヘルニアの絆創膏固定とは、飛び出した腸をきちんとおへその中に戻した後、その上から絆創膏(テープ)を貼り付けて再び腸が飛び出さないように固定する方法となります。

この絆創膏固定法は、約1か月間固定するのですが(週に1回通院して絆創膏を交換することが多いようです)、かなり治癒率が高い治療法となっているようですね。(かぶれなどで治療を断念しなかった場合の治癒成功率は99%とも言われています。)

臍ヘルニアの早期治療を考えるなら、絆創膏固定法を考えてみてもいいのではないでしょうか。

先輩ママの体験談とアドバイス

医療用のテープで1週間くらい抑えていました

次女がでべそでした。
産まれた時にへその緒の切り方が悪かったのか少し出ていました。
女の子だし、というのもあり退院後に清潔にした五円玉をおへそに置き、医療用のテープで1週間くらい抑えていました。
でべそが少しおさまったように思います。
自宅にいながら簡単にでべそが治せる方法かなと思います。
一歩間違えるとかぶれてしまう可能性があるので、その都度清潔にしたりテープを替えたりと気をつけると事が大切だと思います。
2週間くらい貼っていましたが、3歳になった今はあまり目立ちません。(静岡県J.U)

おへそもいつの間にか目立たなくなっていました

生まれて数週間の間は多少ぽこっと出ているというか、結び目のような感じでした。
初めての子どもだったので「こんなものなのかなあ・・」と気にしていなかったのですが、2か月3か月経って、体重も増えからだも丸く、肉付きが良くなって来たら、おへそが出ているのも目立ってきました。
おなかが太ってきて押し出されている感じです。
気にはなりましたが、様子を見ることにして、特に病院に相談などはしませんでした。
小学1年くらいになっても、でべそでしたが、男の子だったのと本人があまり気にしていなかったので、そのままにしていました。
4年生になって、かなり背が伸びすらっとした体形になってきたら、おへそもいつの間にか目立たなくなっていました。
赤ちゃん体形から成長して体形が変わってきたら、自然によくなったので、気にしなくてもよかったのかも。(北海道 N・H)

生後4カ月くらいには完全に引っ込みました

我が子は、臍の緒が取れてからお臍がすごく出ていて、2カ月検診のときに臍ヘルニアと言われました。
しかし、大半の子が1歳までには勝手に引っ込むので、何もしなくていいけど、もし気になるならガーゼで抑えて下さいと言われました。
しかし、私は何もしませんでしたが、生後4カ月くらいには完全に引っ込みました。
お臍が出ていると、臍ヘルニアなのかとか治るのかとか心配になります。
しかし、大半の子が1歳までには勝手に引っ込む、またはガーゼで抑えるなどの処置をしていれば治るとのことでしたので、小児科の先生と相談してその子に合った処置をしてください。(岩手県K.E)

2歳を過ぎた頃からだいぶへこんできました

2人の子育てをしているものです(5歳と3歳)。
2人とも赤ちゃん期の頃は、本当に出べそで「大丈夫かな?」と心配しました。
ですが、健診のときに看護師さんに相談したところ、「赤ちゃんはみんな出べそで、そのうちへこんでくるので大丈夫だ」と言われました。
ゴミがたまりやすいので、綿棒で時々汚れを取ってあげることはしていました。
お風呂のお湯の中だと取れやすかったです。
赤ちゃんは出べそです。必要以上に出べそだと、ちゃんと健診のときに医師が伝えてくれると思うので、心配しなくても大丈夫だと思います。
うちの子供たちも、2歳を過ぎた頃からだいぶへこんできました。
心配でしたら、小児科を受診したついでに先生に聞いてみるのも良いかもしれません。(千葉県 H.O)

生後5か月になる頃には泣くとなる出べそもなくなりました

生まれてから生後3か月まで出べそでした。
生後4か月までは泣くとへそが出て来て出べそになったりもしていたので心配していました。
3から4か月健診で医師に相談したところ、問題ないとのことでした。
生後5か月になる頃には泣くとなる出べそもなくなりました。
あまり気にしすぎないのが一番だと思います。
心配なときは健診などで医師や保健師などに相談すると安心するかもしれません。
出べそではなくなった我が子ですが、母と子の繋がりを感じられるので、今ではとても懐かしい思い出です。(千葉県H.H.)

まとめ

でべそには、「臍ヘルニア」と「臍突出症(へそとっしゅつしょう)」の2種類があります。

最近は「臍ヘルニア」を初期のうちに絆創膏固定法で治療することも多くなっています。

多くの場合1歳までに自然治癒するのですが、早期に治療を希望する方は、絆創膏固定法を積極的に取り入れている医師を探してみるといいのではないでしょうか。