「夏になると赤ちゃんのアトピーがひどくなる」

冬場は乾燥のせいでアトピーがひどくなることが多いですが、夏場も汗や紫外線のせいでアトピーがひどくなってしまうことがあります。

赤ちゃんのアトピーをできるだけいい状態に保ってあげたいですよね

先輩ママたちは、夏場に赤ちゃんのアトピーがひどくならないように、どのような対策をしてきたのでしょうか。見ていきましょう。

汗をかくことは悪いことではない!?

夏場に汗をかくのは仕方のないことです。

汗には体温調節機能や老廃物を排出する機能もあるので、汗をかくことがすべて悪いことではありません。

しかし汗をかいてそのままにしておくと、アトピーが悪化することがあるというのも事実です。

それでは先輩ママたちは夏場に汗をかいた後どのように対処してきたのでしょうか。

お風呂で汗を流してあげる

夏場に汗をかくのは仕方のないことなので、こまめに汗をシャワーなどで流してあげることは効果があります。

汗をかいてもすぐにきちんと流してあげることで、清潔にお肌を保ち、雑菌の繁殖を防ぐことができるのですね。

外出時に汗をかいてしまった時などは、濡れたタオルでこまめに赤ちゃんの汗を拭いてあげることもいいようです。

保湿ケアも忘れずに

汗をお風呂場や濡れタオルで綺麗に流してあげた後は、保湿ケアをすることを忘れないようにしてください。

アトピーに乾燥は厳禁です。きちんと保湿をしてあげることがとても大事になってくるので必ず保湿をしてあげましょう。

アトピーでよく使われる保湿剤としては、ワセリンがありますね。

まずはワセリンを試してみてはいかがでしょうか。

べたべたしない保湿剤のほうが赤ちゃんに合う場合もありますので、いろいろなタイプの保湿材・保湿ローションを試してみて、赤ちゃんに合ったものを見つけてあげてくださいね。

紫外線はできるだけ避けましょう

夏場、お肌にダメージを最も与えるものといえば紫外線です。

赤ちゃんの場合はそれほど紫外線を浴びる機会も多くないと思いますが、紫外線対策をきちんとしてあげましょう。

ただ、お肌の弱いアトピーの赤ちゃんに日焼け止めを使うのもちょっと心配になりますよね。

そう考えると、できるだけ紫外線を浴びないように帽子や長袖のシャツなどを外出時に利用するといいのではないでしょうか。

お散歩をするときなどは、日傘などで紫外線から守ってあげることも必要となってきますね。

先輩ママの体験談とアドバイス

夏場はとにかく汗に気をつけて下さい

夏場のアトピーにはとにかく外遊びから帰ってきたらお風呂に入れています。
汗をながして、保湿をしてあげてから、クーラーをつけています。遊んだ後の汗を放って置くと、見ていない所で掻きむしってしまいますし、汚い肌ではバイ菌もあり、傷からの感染が、心配です。
なるべく肌を清潔に保ち、保湿を心がけています。
夏場はとにかく汗に気をつけて下さい。
既にあるアトピーには汗は大敵です。
うちの子達は外遊びしている間は遊びに集中しているので、心配するほど掻いたりはしないのですが、自宅に帰ると気になっていじっていました。
なので、クーラーなどはあまり惜しまずにつけるようにしています。
ひどくなる前に一度病院に行き、あらかじめ薬などは自宅に置いておくのがオススメです。
ひどくなってからだと、その分治るまでに時間がかかり、子供も辛いですよ。
夏場はとにかくプールやお風呂に入れてあげて、肌を刺激から守ってあげて下さい。(大阪府 EK)

日にあたるとアトピーがひどくなるので注意が必要です

現在6歳の長男と1歳の次男がアトピーです。
長男が小さかったときは、爪を短く切る、こまめに着替えをさせる、綿100%の服を着せる、公園で遊ぶときは濡れたタオルを数枚持って行き、ひじや膝の裏などかゆくなりやすいところをこまめに拭く、など、夏場は徹底しました。
年齢を重ねるとともに肌も丈夫になり、現在はポリエステルの服を着ても、海やプールで泳いでも、かゆがることはありません。
次男は、日にあたるとアトピーがひどくなるようで、知らずに日焼けをさせてしまい、かわいそうな思いをしました。
また、素足でサンダルを履くと、かゆくなるようですが、それにも気づくのが遅れてしまい、書きむしってしまうことがたびたびありました。
我が家の長男のように、年齢を増すごとに、肌も強くなるので、アトピー対策として必要最低限のことはしてあげていれば、必要以上に心配する必要はなかったなぁと感じています。
また、兄弟でも、かゆがる原因も異なるので、どのようなときにかゆくなるのかを理解してあげて、それに合ったケアをしてあげられるといいですね。(北海道Y。T)

朝昼晩お風呂もしくはシャワーで汗を流してあげます

今2歳4ヶ月の息子がいます。
生まれた時から肌が弱く、毎年暑い夏場になると毎年朝昼晩お風呂もしくはシャワーで汗を流してあげ、出たら全身ワセリンを塗ります。
外出の際はどこへ行っても必ずタオルを濡らして全身を拭き、服も変えます。
これをしなかった時は肌が赤くなり荒れてしまって本当に悲惨でした。
なので今は1日もかかさずやっていて肌の健康を保てています。
アトピーがあると、不安や心配になることも多いかと思います。
また、荒れたところからの菌の感染も気になったり、ケアをするにあたって荷物が増えたり手間が増えたりとママは心身ともに大変です。
しかし子どもは親を選んで生まれてくるとよくききます。
きっと、このお母さんならアトピーもちの僕私でも受け入れてくれる、そう思って生まれてきてくれてるんじゃないかと思うと、愛おしく思います。
ママの笑顔と愛情が一番のお薬。
うちはベビーマッサージを取り入れ、保湿タイムも良いスキンシップの時間として楽しむようにしています。お子さんとの時間が楽しく過ごせますように、、、!(愛知県 M.T)

1日に何回も濡らしたガーゼで汗を拭いてあげました

夏場は汗をかいてあせもができました。
特に首の周りがひどかったです。以前から皮膚科で保湿剤をもらっていたのですが、それがベトベトするタイプだったので、ベトベトしない保湿剤に変えてもらいました。
また1日に何回も濡らしたガーゼで汗を拭いてあげて、なるべく室内の涼しい所ですごしたら治りました。
ひどいようなら皮膚科に行くのが1番だと思います。
あとはこまめに拭いてあげると自然と治ってきます。
また、あせもで痒くてかいてしまうと思いますが、爪が長いと傷ができてしまいます。
なので爪も伸びないようにこまめに切ってあげることをオススメします。(京都府K.K)

お風呂上がりには保湿をきっちりとしましょう

夏場に、とつぜんアトピーを発症してしまいました。
病院につれていき、一番弱いステロイドクリームを処方していただき発疹はおさまりましたが、アトピーを悪化させないよう、肌の手入れにはきをくばりました。
アトピーは、夏場に汗をかくため悪化することがおおいそうです。
そのため、日頃のスキンケアが重要になります。
できればアトピー用のスキンケア用品にきりかえ、お風呂上がりには保湿をきっちりとしましょう。(大阪府 E.K)

まとめ

夏場の汗と紫外線は、アトピーな赤ちゃん、子供にとって天敵となります。

汗をかいたらお肌に雑菌が繁殖しないように、お風呂で汗を流してあげたり、濡れたガーゼやタオルでこまめに拭いてあげましょう。

そのあとにきちんと保湿ケアをするのを忘れないようにしてあげてくださいね。

赤ちゃんのアトピーは、1歳にぐらいになると自然に症状が治まってくることも多いようです。

あまりストレスをためずに、赤ちゃんを見守ってあげてくださいね。