「赤ちゃんの顔にたくさんの湿疹が・・・」

赤ちゃんに湿疹ができてしまうことは珍しくありません。これらは総称として乳児湿疹と呼ばれており、顔や体にブツブツとした湿疹ができてしまいます。

先輩ママたちは、赤ちゃんの乳児湿疹が治らない時、繰り返すときにどのように対処してきたのでしょうか。見ていきましょう。

乳児湿疹の原因と対処法

乳児湿疹といっても原因はいろいろとあります。その原因に沿った対処法をしていきましょう。

乳児脂漏性湿疹

生後3か月ぐらいまでの赤ちゃんは、お母さんの女性ホルモンの影響を受けて皮脂の分泌量が多くなる傾向があります。

脂漏性湿疹は、皮脂腺の多い箇所に過剰に分泌された皮脂が溜まってしまうことで、フケのようなカサカサした湿疹ができる特徴があります。

具体的には、頭皮や生え際、眉毛など皮脂腺が多い場所に湿疹はできやすいです。

放置しておくと炎症を起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

対処方法としては、沐浴や入浴時に、石鹸で優しく丁寧に洗ってあげ、清潔に保つことが最も重要になります。

フケのようなカサカサが取れにくい場合は、入浴前にワセリンなどを塗ってふやけさせると取れやすくなります。

赤ちゃんのお肌はデリケートなので、決してごしごしと洗わずに、優しく円を描くようにゆっくりと洗ってあげてくださいね。

特にお医者さんで治療しなくとも、清潔にしていれば自然に治ることがほとんどですので、丁寧に洗ってげることが大事になりますね。

新生児ニキビ

大人のニキビのようなものが赤ちゃんにもできることがあります。これが新生児ニキビです。

新生児ニキビは、生後間もなくから3か月ぐらいの赤ちゃんに良く見られる症状です。

これも脂漏性湿疹と同様に、過剰な皮脂の分泌が原因となっています。

大量の新生児ニキビができてしまうと驚いてしまいますが、脂漏性湿疹と同じように、沐浴や入浴時に石鹸で優しく丁寧に洗ってあげることで、自然に治ってくることがほとんどです。

清潔にすることが最も重要なので、毎日石鹸で優しく丁寧に洗ってあげてくださいね。

あせも

あせもはその名の通り、汗が汗腺に溜まることでできてしまう湿疹のことです。

汗をかきやすい赤ちゃん、汗をよくかく場所に湿疹ができてしまうので、こまめに汗を拭いてあげることが大事になってきます。

汗が溜まらないように、頻繁にガーゼを濡らして優しく拭いてあげましょう。

また汗をかきにくい環境を作ってあげることも大事になってきます。

夏場などはエアコンを適切に使用して汗をかきすぎないようにしてあげて、汗をかいたらすぐに着替えさせてあげることも必要になりますね。

また頻繁にシャワーを浴びて汗を流すことも効果があります。

あせもを赤ちゃんが掻きむしってしまうと、とびひになってしまうことがあります。

赤ちゃんの爪をきちんと切っておくことも必要になりますね。

もしあせもがひどくなったり、とびひの症状が出てしまったら、病院で診察を受けることが必要となります。

ひどい状態のあせもの時は、早めに病院を受診してくださいね。

アトピー

乳児湿疹だと思って病院で診察を受けたら、アトピーと診断を受けることがあります。

アトピーの原因は様々で、いまだに完全に解明されているわけではありません。

アトピーになりやすい体質や、何らかのアレルギー症状がアトピーとして現れているということもあります。

アレルギーが原因のアトピーの場合、そのアレルゲンを取り除いてあげることが大事になりますね。

特定の食べ物を食べた時に湿疹が出る、ハウスダスト、動物などに触れると湿疹が出るなど、赤ちゃんの様子をよく観察してあげることも必要となります。

アトピーの治療でよく使用されるステロイドについては、その使用について賛否があります。

病院でじっくりと担当の医師と話し合い、最終的にはお母さん自身が決断しなくてはいけません。

とにかく担当の医師とじっくりと話し合うということは必要となりますね。

赤ちゃんのアトピーは、生後1年までに自然治癒することも多いです。あまり悩みすぎずに医師とじっくりと話しあってくださいね。

乳児湿疹を繰り返す・なかなか治らない

乳児湿疹を繰り返したり、なかなか治らないというケースもあります。

そんな時お母さん方はかなり悩んでしまうことと思われます。

乳児湿疹は、生後1年までに自然に治ることがほとんどです。

時間が悩みを解決してくれることが乳児湿疹ではほとんどなので、あまり悩みすぎないようにしてください。

また自分一人であまり悩まずに、かかりつけ医などに相談しましょう。

基本的にはこまめにゆっくり丁寧に洗ってあげて、その後にきちんと保湿してあげることで自然に治ってきます。

あせることなく、じっくりと取り組んでみてください。

先輩ママの体験談とアドバイス

Child

お医者さんの指示を受け、適切な治療を行ってあげてほしいと思います

生後1ヶ月をすぎたころ、顔いちめんに赤い湿疹が出ました。
保湿と清潔にすることで改善すると聞いたのでそのようにしていましたが、なかなか良くなりませんでした。
風邪で小児科を受診した際に合わせて先生に相談すると、弱いステロイドの塗り薬を処方してくださり、それを塗るとすぐに治りました。
ステロイドの薬に抵抗がある方もいると思いますが、我が家ではステロイド薬を塗った途端、乳児湿疹はあっという間に治ったので、親子共々ストレスがなくなりました。
痒かったり違和感があったりと、特に赤ちゃんはストレスが強いと思います。
お医者さんの指示を受け、適切な治療を行ってあげてほしいと思います。(千葉県 T.O)

やったことは、石鹸できれいに洗ってあげただけです

産まれて一週間ぐらいで湿疹が、ポツポツと出ていました。生後3週間目ぐらいがピークでした。
やったことは、石鹸できれいに洗ってあげただけです。
薬などは一切塗りませんでした。
清潔にしていれば、自然と治ります。
乳児湿疹は、ほとんどの赤ちゃんがなるものです。
あまり気にし過ぎず、清潔にしてあげていれば自然と治ると思います。
あとは、洋服など乳児のうちは綿100パーセントで出来ていて、日本製のものを選ぶのをオススメします。(宮城県 A.E)

こまめに顔を拭いて保湿してあげていたら、半年頃にはすっかりきれいな肌になりました

産まれてすぐ、退院した頃から顔にプツプツと小さな湿疹が出始め、それから数ヶ月は酷くなったり、治ったりを繰り返していました。
入念なスキンケアの他、洗濯洗剤やベビーソープを肌に優しいものに替え、こまめに顔を拭いて保湿してあげていたら、半年頃にはすっかりきれいな肌になりました。
乳児湿疹が出ると、何が良くて何が悪いのか悩んだり、母乳育児なら自分自身の食事にも気をつけなければいけなかったりして、大変だと思います。
大きくなるにつれ赤ちゃんの肌も丈夫になっていくので、それまでの間だけ、赤ちゃんのために頑張りましょう!(東京都 M・M)

病院では軽いステロイド剤と保湿剤をまぜた塗り薬が処方されました

2か月ぐらいから顔の皮がむけはじめて、だんだん広がってかさかさがひどくなったため、小児科を受診しました。
乳児湿疹とはっきりと言われなかったと思いますが、母子手帳のコメント欄には乳児湿疹と書かれていました。
病院では軽いステロイド剤と保湿剤をまぜた塗り薬が処方されました。
薬を塗ると、1週間ぐらいで改善しました。
しばらくするとまた同じような症状が出てきましたが、同じ薬を塗るとまた数日で改善しました。
ステロイド剤の使用を不安に思われるお母さんもいらっしゃると思いますが、赤ちゃんに処方するものは本当に弱いものなので、特に問題ないと思います。
一度症状が出てしまったら、ステロイド剤を使用してなるべく早く治してあげて、治ったら今度は保湿を心がければつるつるモチモチの赤ちゃん肌が保てるハズです。(愛媛県 K.K)

皮膚科の先生にはもっと早く連れてこないといけないと言われました

生後2ヶ月頃から顔と身体に乳児湿疹が出始めました。
最初は様子を見ていたり、子供の目のトラブルで眼科にかかっていたので皮膚科に連れて行くのが遅れてしまい、3ヶ月前に病院に連れていけたときは、だいぶひどくなってしまっていました。
皮膚科の先生にはもっと早く連れてこないといけないと言われました。
子供はアトピー性皮膚炎の可能性もあるということで、その日から、ガーゼで顔を拭かず、コットンで顔もオムツ替えのお尻も拭くこと、赤ちゃんと抱っこする人の服は極力綿100%にすること、朝晩保湿剤+湿疹には軽いステロイド剤を塗ることを指導されました。
1ヶ月ほどで湿疹は綺麗になりました。
今2歳3ヶ月になる子供は、入浴後の保湿剤は続けているので、周りの子供よりも肌は綺麗な程になりました。
気をぬくとすぐ湿疹が出てしまいますが、赤ちゃんの時から毎日保湿剤は続けているので、子供も薬塗られたりに慣れていて楽です。
私自身より肌ケアに時間がかけられています。
このくらいで皮膚科に連れていっていいのかな、と最初は躊躇していましたが、赤ちゃんの医療費もかからないので、地域によってはかかるかもしれませんが、市販の保湿液を買うのであれば、絶対に皮膚科でローションや薬をもらった方がお金もかからないし、安心して使えると思います。
ステロイド剤に抵抗がありましたが、赤ちゃんでも使える少量のものを出してもらえるし、治療後は夏場でも冬場でも常にローションを使うことで予防できると思います。
今2人目の子供が半年ですが、少し乳児湿疹が出始めた1ヶ月目から迷わず皮膚科に通っています。(三重県 M.S)

まとめ

乳児湿疹は、多くの赤ちゃんが経験する症状です。

「脂漏性湿疹」「新生児ニキビ」「あせも」「アトピー」など原因はそれぞれですが、清潔にしてお風呂で優しく丁寧に洗ってあげることが大事になってきます。

繰り返す乳児湿疹、なかなか治らない乳児湿疹もありますが、生後1年ほど経過すると自然に治ることがほとんどです。

かかりつけ医の先生などと相談して、あまり悩みすぎず一人で抱え込まないようにしてくださいね。